ポイントアクティブ

ポイ活と投資で堅実に資産を増やしていく~

私の電気代が年間15000円安くできた方法

まいどどーも
しゅん(@reo_kingofkings)です。



家賃や電気代などの固定費は年間にしますと
大きな金額になりますよね。



電気代を節約するためには出来るだけ電気を使わないように生活することが
大切ですが、それよりも簡単かつ確実に電気代を安くできる方法があります!



その方法とは
2016年4月1日より始まりました電力自由化 です。

 

 

 



 

電力自由化とは



67989453630e698a935b1239d230e25a_t



以前までは家庭で使用します電力は各地域の都道府県のみ販売できる

独占企業であり消費者である私たちがどの会社から電力を購入するかの選択を

することはできませんでした。

しかし2016年4月1日の電力の小売り全面自由化を機に

すべての消費者が自由に電力会社を選択できるようになり


 電力自由化に伴ってこれまで独占事業であった電力事業に新たな

企業が参入可能となりました。

つまり

利用者が好きな電力供給会社から電力を購入できる

新規参入企業の存在によって価格競争が起こるうる

これにより従来よりも電気料金の安いプランや

これまでになかったプランを提供するかことが可能になり

料金が安いだけでなく、サービスが充実している電力会社もあり

ポイント

自分に合った電力会社・プランを選択できるようになりました



シミュレーションしてみた







実際に世帯構成や契約状況を元に試算をしてみました。


無題1


無題2




従来の地域電力会社の料金プランでは、主に基本料金と従来料金の合計で構成されております。

基本料金とは契約アンペアによって決定します。

従量料金は三段階となっており、電気をたくさん使えば使うほど

電気の単価が上がる仕組みとなっております。つまり電気を多く使う人は

割高になってしまうプランが一般的でした。

私が今回選択したプラントは「基本料金がかからず従量料金の単価が一律」という

シンプルなプランとなっております。

使う月が極端な場合でも使った分だけ支払う形になりますのでお得だと思います。



その他にもどの時間帯にどのくらい電気が使われかの詳細がわかる「時間帯別料金プラン」
1年割引や2年割引など長期の契約をすることによって割引の恩恵がある
「長期契約による割引料金のプラン」等があります。







参考:電気料金プランシミュレーション
※試算結果はあくまでも参考の目安であり、実際の節約額や平均支払額等をお約束するものではありません。お住いの場所や生活スタイルによって検索対象の料金プランや試算結果が変わる可能性があります。



c18c2fdf465eee281b11a76676263e21_t

電力会社の切り替え方法とは





電力会社の切り替え方法はとても簡単です。





インターネットから簡単に申し込みをすることが出来ます。

煩わしい工事や機器の設置などは契約者が行うことはなく申し込みをするだけで

電力会社を切り替えることができます。

まとめ


マンションやアパートの場合でも自由に契約をすることができるのでみなさんも
一度シミュレーションをしてみてはいかがでしょうか!

電気料金のプランは気軽に切り替えてもらうために契約解除料金がかからないプランが多いです。

中には半年以内の解約で契約解除料金が発生するプランや契約期間にかかわらず契約解除料が

発生するプランもありますのでご契約の際は注意してください。





f59c7ce28659bfc336264b411adaa111_t


最後までお読みいただき誠にありがとうございした。

また次回の記事でお会いしましょう!!

 

 

クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村